MENU

  1. トップ
  2. 制作事例
  3. 三菱地所株式会社

三菱地所株式会社

プロジェクトの目的

就職説明会で上映するために制作した映像コンテンツ。
丸の内の開発など、数多くの実績がある総合不動産会社ではあるものの、就活の学生からは安定感はあるが控えめ、保守的なイメージが強いという課題があった。そこでチャレンジ精神=“未来をつくる”という本来の姿を、映像を通してバリアブレイクさせることが目的でした。

モードツーのアプローチ

オンライン、オフラインを問わず企業から押し寄せるさまざまな情報に曝される学生に対し、同世代の若者がひたむきに夢を追う姿を通して、一方的な発信ではなく、感覚に訴え「共感」し「理解」へとつながる映像ならではのアプローチを目指しました。

「未来をつくる」というテーマを表現するために選んだのは、ダブルダッチという縄跳びをする東京大学が中心のインカレサークル「D-act」。
20名以上のメンバーの練習を見学した上でインタビューを行い、ストーリーを組み立てていきました。
そうして、三菱地所が手がける横浜みなとみらい「MARK IS」とダブルダッチ世界大会への出場に情熱を傾ける大学生の一日をシンクロさせ、三菱地所が手がける街づくりと人々の未来の関わりを伝える映像を作成しました。

担当分野

企画、制作管理、クリエイティブディレクション

お問い合わせ