MENU

  1. トップ
  2. 採用情報
  3. モードツーで働く人たち

モードツーで働く人たち

モードツーの営業はクリエイティブだと思っています

営業 野村 龍太郎営業 野村 龍太郎

名前

野村 龍太郎(のむら りゅうたろう)

入社年

2015年5月

所属部署

営業部

役割

アカウントエグゼクティブ
入社のきっかけ、モードツーを選んだ理由を教えてください。
転職活動中に、現在の上司に誘われたのがきっかけです。
クリエイティブ関連の仕事には以前から興味があったので、一度会社を見学させていただきました。
業界は全くの未経験でしたが、新しいことにチャレンジするなら今がチャンスと思い、面接をお願いしました。
モードツーに入る前は何をしていましたか?
不動産の営業マンとしてゴリゴリの飛び込み営業をしていました。
今の仕事の内容を詳しく教えてください。
クライアントや外注先の窓口として連絡を取り合ったり、打合せ、企画調整、アポイント、見積、請求、支払など仕事は多岐にわたります。「プロデューサー」を目指してクリエイティブ面、金銭面の調整を円滑にできるように修行中です!
今の仕事でやりがいを感じるところを教えてください。
ロケ&撮影!撮影に向けてPMとして食事や宿泊先の手配、備品の管理や小道具の発注を行います。
クリエイターの方々が気持よく仕事が出来るように準備するのも営業の仕事。その道のプロフェッショナルが最高の仕事をする瞬間というのは、営業から見ても醍醐味を感じる瞬間ですね。
今の仕事で、大変だと思うところを教えてください。
私は営業マンですが、自分も作り手の一人であるということを認識するまでは大変でした。モノとしての形を持たないクリエイティブをお金に換算するのは大変ですが、しっかり価値あるものとしてクライアントに売る為には、自分も作っている感覚を持つことが重要だと学びました。
新卒の方へのメッセージをお願いします。
「広告の営業」という言葉に皆さんはどのようなイメージを持たれるでしょうか。華やか?激務?体育会系?…うーん、どれも違うような。モードツーの営業はクリエイティブだと思っています。まだ生まれる前の成果物に対して、価値をつけるのが私たち営業のミッションです。共にクリエイティブをクリエイトしよう!

技術が日々進化するなかで、これからの10年の変化を体験してみたい

Webディレクター 可瀬 圭一Webディレクター 可瀬 圭一

名前

可瀬 圭一(かせ けいいち)

入社年

2009年4月

所属部署

インタラクティブビジネス部

役割

Webディレクター
入社のきっかけ、モードツーを選んだ理由を教えてください。
転職会社からの紹介でしりました。
Webに限らず、幅広い分野でのクリエイティブ企画・制作に携わっていることに興味を覚えたことが入社のきっかけです。
モードツーに入る前は何をしていましたか?
Web制作会社で企画制作をしていました。
今の仕事の内容を詳しく教えてください。
クライアントのWebサイト制作業務を行っています。
クライアント向け提案資料の作成から制作物の管理などの業務が中心ですが、元々Flashクリエイターとしてモードツーに入社したので、時には自らプログラムを作成したりします。
今の仕事でやりがいを感じるところを教えてください。
クライアントとゴールを共有し、ともにそのゴール目指してすすんで行けるところにやりがいを感じます。
今の仕事で、大変だと思うところを教えてください。
トレンドの変化が早い業界なので、常にアンテナを広げていなければなりません。
日々勉強です。
新卒の方へのメッセージをお願いします。
私達を取り巻くインタラクティブ技術は日々進化しています。
10年前、携帯電話は折りたたみでした。たった10年でタッチパネルのスマホに変化しました。そしてWebサイトはPCよりスマホで見る時代になりました。これから5年後そして10年後、世の中にどんなデバイスがあって、そしてWebの世界がどうなっているのか、ちょっと想像してみるだけでもワクワクします。
そんな業界のなかでこれからの10年の変化を一緒に体験しませんか?